有料老人ホームなどの利用対象年齢とは

有料老人ホームなどの利用対象年齢とは

有料老人ホームは必要な介護サービスなどを提供する施設です。
そしてその対象は、主には高齢者になっています。

介護において高齢者とは60歳以上、または介護保険が切り替えられる65歳以上の方となっています。そしてそうした高齢者の方で、介護保険における要介護認定を受けた方のみが入居できると言うことになっています。

特に運営母体が社会福祉法人や公的機関である特別養護老人ホームでは、この年齢や要介護認定の条件は基本的なもので、これを満たしていない場合は入居できません。

一方、運営母体が民間事業者である有料老人ホームは、利用者を多く集めたいためにこうした入居条件に関しては緩い部分もあります。

実際に入居できるかどうかは、施設により異なると言う具合です。

ところで介護保険では40歳から64歳の方でも要介護認定を受けることがあり、こうした介護において高齢者ではない年齢の人が、有料老人ホームなどの高齢者施設に入居を許可されることも少なくありません。



これは特定疾病と呼ばれる16の病気にかかり、介護が必要になった場合に適用されることです。特定疾病にはがんや関節リウマチ、初老期における認知症や閉塞性動脈硬化症などがあります。



そしてこれらの疾病によって日常生活の自立が困難になり、要介護、または要支援状態が6か月以上続くことが予想される場合には、40代の人や50代の人でも要介護認定がされると言うわけです。

ただしこの特定疾病の中には、医療行為による対処が必要な疾病もあるため、医療的ケアがどうしても手薄になりがちな有料老人ホームにおいては、なかなか受け入れが難しいと言う傾向にあります。



Copyright (C) 2015 有料老人ホームなどの利用対象年齢とは All Rights Reserved.