介護付有料老人ホームでペットと生活したい

介護付有料老人ホームでペットと生活したい

高齢者とペットとの間には、なかなか深い関係があります。

まずペットと触れ合うことで、認知症の予防が期待できると言う点です。



これはペットと触れ合うことで『可愛らしい』とか『楽しい』と言う感情が脳への刺激となるためだと言われています。

自分よりも小さな存在に触れることで『世話をしなくては』とか『守らなくては』と言うような感情も生まれるため、それも脳への刺激になるとも言われています。

また話し相手としての役割も果たしてくれるため、特に一人暮らしの方の場合には、その効能はとても大きなものがあるとも言われています。

そして特に犬の場合には、散歩が必要です。
そのため高齢者の方の運動不足防止にもつながると言えます。
このようなことから高齢者施設においては、一時的に入居者と犬や猫と言った小型のペットが触れ合う時間を設けている施設もあるくらいです。

それでは介護付有料老人ホームにおいて、自宅と同じようにペットと生活をすると言うのはどうなのかと言うと、これは施設により異なります。


数はまだ多くはありませんが、ペットとの入居可能と言う施設も存在しています。

そしてそうした介護付有料老人ホームの中には、入居者の健康状態が悪化したり、要介護度が重くなったりしてペットの世話が難しくなった場合でも、職員がきちんと世話をしてくれると言う施設もあります。
こうした介護付有料老人ホームでしたら、安心してペットとの生活を楽しむことができます。



ただしいくらペット可能だからと言っても、基本的には手に抱くことができる程度の大きさの犬や猫などに限定すると言う場合がほとんどです。



ですから、いくらペットだからと言っても、牛や豚、また蛇などは難しいと言うわけです。

またしつけやワクチン接種がされていることを条件としているところも多いです。

このようなペットと一緒に入居ができる介護付有料老人ホームの数は、今後は増加するのではないかと言われています。

Copyright (C) 2015 介護付有料老人ホームでペットと生活したい All Rights Reserved.