有料老人ホームについて

有料老人ホームについて

有料老人ホームとは、高齢者の生活全般に配慮した入居施設のことです。地方自治体が運営している、法律で定められている老人の福祉を行う施設とは異なるものです。



民間事業者によって運営されていることが多く、それぞれの有料老人ホームごとに、料金の設定、サービスの内容、入居資格など様々な点で違いがあります。


入居一時金を必要とするホームで10倍以上の金額の差が生じる場合もあります。
また、入居する時の年齢が60歳以上であれば入居可能とするホームもあれば、65歳以上を入居資格としているホームもあります。


夫婦で入居する場合には、どちらかの年齢が資格を満たしていれば入居できるホームもあります。


入居する時の健康状態においても、自立して生活できる時から入居できるホームもあれば、介護が必要な人のホームもあります。

さらに介護の保険が適用できるかどうかや介護のサービスの内容によって、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3つの種類に分けられています。


これらのホームの選択をする時には、それぞれのホームの内容を比較検討して、最適なホームを見つける努力が必要だといえます。
高齢化する社会において必要とされる施設ですので、2000年に法律が施行されて以降、民間事業者が運営するホームが数多く設立されて、全国で2000施設に及んでいます。



しかし2006年以降は地方自治体の財政上の理由によって新規の開設が抑制されています。



Copyright (C) 2015 有料老人ホームについて All Rights Reserved.